12月3日(土) 10:30から、PTA研修委員会主催『親学プログラム』を開催しました。

 『親学プログラム』とは、

 親(保護者)や子どもにかかわるすべての方を対象に、親としての役割や子どもとのかかわり方についての気づきを促し、学校・家庭・地域が連携して、地域ぐるみで子育て世代を応援・支援するための参加型の学習プログラムです。

 わが子だけでなく、”よその子・よその親・学校・家庭等との関係性”も考え、「家庭外、地域社会における親の学び」を支援します。

 親(保護者)や子どもにかかわる方々の現代版「子育てに関する井戸端会議」を活性化することで、地域ぐるみの家庭教育支援策が充実すると考えています。

 当日は、

 吉賀高校PTA研修委員会の方と中学生の保護者の方にもご参加いただき、吉賀高校の教員も加わって、16名が集合しました。そして、吉賀町教育委員会の方にもご協力いただき、お二人のファシリテーターの方の進行で、楽しくプログラムを行いました。

 今回は、「吉賀町の子どもたちに示したい大人のふるまい」について話し合いました。地域の子どもたちに対しての大人のふるまいを考えることで、大人として、親としての社会的な役割に気づくことができた、大変有意義な講座でした。

 参加者全員が終始笑顔で対話でき、アンケートでも全員の方が楽しく参加できたと答えられていました。来年も開催予定ですので、保護者の皆様ぜひご参加ください。みんなで一緒に子育てについて考えましょう。

親学1 親学2 親学3

親学4 親学5